【ウイイレ2020日記:1】ウルグアイの名前がww

ウイイレ2020プレイ日記その1。

オンラインディビジョン3試合。

2勝1敗。レート400→483

 

イタリアは使い易い感じ

1試合目。イタリアを使ってリバプールと対戦。

守備はコンパクトネスを最強に設定。ディフェンスラインはポジションエディットでもスライダーでも下げ気味に。

0-0のまま前半を終えたのでディフェンスラインのスライダーを7割程度まで上げて後半へ。

終了間際に偶然作った形から右サイドが相手SBと一対一、フェイントで突破してPA内に大外から入り込んだところでマイナスグラウンダークロスで決勝ゴール。

気付き

2019の守り方は2020でもある程度通用する

反省

2トップ同士のパス交換増やす

サイドからのPA侵入を徹底する

 

バルセロナ様と殴り合うときはメンタル注意

2試合目。日本を選んだら相手はバルセロナ様。

とりあえず日本代表のメンツがヤヴァい。

CFが鈴木武蔵1人しかいない。4−4−2やりたいんでできればもう1人CFいてほしいんですが…

武蔵は良いCFなんだけど、1人じゃきついよ。

サイドも伊東純也いないの嫌だなぁ。サイドをズバッとえぐれるアタッカーが欲しい。

どう守備をしたのか覚えていない。バルセロナ様が相手になるとどうも脳が混乱して良くないね。昔っから彼らのサッカー見ると腹立つのよ。冷静にならんと。もちろん思いっきり負けた。

気付き

特になし。

 

反省

中央を固める。サイドは複数でプレッシャーをかける。それら基礎基本の徹底。

失点は中央のブロックが機能不全を起こしていたことが原因。安易な飛び出し。守備目的の見失い。中央の選手の役目はボールをサイドへ誘導すること。ポストプレイヤーのボールを取れると思っちゃいけない。

あと、今作の日本は4−4−2に向かない。使うの控えよう。

 

ウルグアイ代表の名前がわからない

3試合目。ウルグアイでマンチェスターシティと。

とりあえずウルグアイ代表の名前が誰1人わからない。全員偽名だ。ライセンスとれんかったのねww

これまで中央だった守備をサイドに変更。実験。

タッチラインで圧殺するプレスを再現したかった。

試合は4−3で勝利。守備3失点はいただけない。反省せんと。

気付き

守備はサイド安定なのかも。

2トップの一角がサイドの味方と遊ぶ時、逆サイでもう1人がチャンス

2トップのワンツー連打はやはり強い

 

反省

3失点はいずれも明確な原因がある。

1失点目はDHが目の前のボールに食いついたこと。そこでボールが取れないと、そこは無人のバイタルとなり即失点。DHはボールをサイドに向かわせることができればそれで良かったはず。

2失点目は自陣でビルドアップ中の球を鬼プレスで取られた。今作、ビルドアップは相当慎重にやった方がよさそう。

3失点目はルーズボールを相手がバイタルで拾ってフライスルーズドン。フリーのボールホルダーが前向いたら厳戒態勢にならなきゃ。ラインあげたらだめ。

色々反省の残る試合だった。

 

まとめ

2トップにボールを多く入れる

2トップ間のパス交換を意図的に増やす

センターラインはホルダーが寄ってきても食いつきすぎない。そこはボールの狩場ではない

日本は使わない。4−4−2と相性が悪い

フリーで前向かれた時はプレイヤーの意識を後ろ(スルーパス対応等)へ向ける。

サイドアタッカーのゴールとはPAに侵入することだ

コメント

タイトルとURLをコピーしました