【ウイイレ2019攻略】DFラインコントロールの目的とタイミング

ウイイレ2019ディフェンス論

ゾーンディフェンス研究記事の一つです。

ゾーンディフェンスの必須事項であるディフェンスラインの操作について、リアルサッカーでの基礎知識とウイイレ2019での実践結果をまとめています。

 

リアルサッカーでのゾーンディフェンスとラインコントロールの関係

 

ゾーンディフェンスはコンパクトネスの維持が生命線

ゾーンディフェンスはボールホルダーに対して数的優位を作りチャレンジ&カバーを繰り返す守備です。

チャレンジ&カバーを効果的に行うためには、プレッシャーをかける選手2人が近い位置にいなければなりません。

ゾーンディフェンスにおいてコンパクトネスが重要視されるのはそのためです。

コンパクトネスを失ってしまうとチャレンジ&カバーを成立させることができずにゾーンディフェンスは無力化。相手エースとの一対一に持ち込まれてしまいます。

 

コンパクトネスを司るディフェンスラインコントロール

コンパクトネスの維持はDFラインのコントロールによって行います。

 

ゾーンディフェンスの大前提として、縦の距離感を常に保ち続けるという約束があります。

その約束を守った状態でDFラインを動かすと、それに伴ってチーム全体が動きます。

 

相手が自分の陣地に引き気味である時にDFラインを前に動かすことで、チーム全体が前に動き、引いた相手に対してプレッシャーをかけ続けることができます。

イメージとしてはチーム全員で1つの塊を作り、それをDFラインが押し出したり引っ張り戻したりする感じです。

 

DFラインは出来るだけ高い位置を取ることで攻撃的なサッカーを展開することができます。

 

リアルサッカーでのラインコントロールの基本動作

 

ラインコントロールの基本

理想は「いつでも上げる」

実際は「上げれる時は上げる」

 

これがラインコントロールの基本です。

相手チームの動きを観察しながら、ラインを上げるチャンスを常にうかがうという意識でDFラインをコントロールします。

 

ラインを上げるタイミング

DFラインを上げるタイミングは相手から縦パスが来ないと予測できている瞬間です。

具体的には相手が後ろを向いている時。もしくは味方のプレスがチャレンジ&カバーの形でしっかりボールホルダーにはまっている時です。

 

相手がバックパスをしたらその瞬間にラインを一気に上げる。

相手が後ろを向いたらその隙に少しでもラインを上げる。

味方のプレスが良く縦パスの心配が無ければラインを上げる。

 

これらのタイミングを見定めてDFラインを上げることで、チャレンジ&カバーの協力関係を維持したまま攻守一体のディフェンスができます。

 

ラインを上げてはいけないタイミング

上で挙げたシチュエーション以外の時、つまり相手から縦パスがありそうな状況ではラインを上げません。その場で維持するか、場合によっては後ろへラインを下げます。

DFが前に向かって走るという状態を避ける感じです。

 

そのタイミングでラインを上げてしまうと何が起きるか。

自分達の後方へスルーパスを通されます。

独走→失点です。

前に向かおうとするDFと裏へ抜けようとする相手FWがその状況からヨーイドンなんてしてしまったら追いつけるわけがありません。

 

ラインを下げるタイミング

相手ボールホルダーと相手FWの位置関係が良く、さらにボールホルダーにプレスがかかっていない状態。

この場合いつロングボールが飛んでくるかわかりませんので、相手FWの裏抜けを防ぐためにDFラインを下げます。

 

当然それに伴ってMFとFWのラインも下がってくることになります。

試合はこちらが押し込まれる展開になります。

 

よく俊足FWは裏抜けでオフサイドもらうのが仕事だと言われますが、その理由はこの辺にあるんですね。

FWが裏抜けを繰り返すことで相手DFラインに恐怖心を植え付けてラインを下げる判断をさせているわけです。

 

ウイイレ2019におけるラインコントロール

 

リアルサッカーのラインコントロールの考え方をウイイレ2019に応用しようとあれこれ試しています。

その結果得られた体感や気づきをまとめます。

 

ウイイレ2019のDFラインコントロールの入力方法

ウイイレ2019では左スティックか十字キーのうち、移動方法として割り当てていない方を左右に押し続けることでラインコントロールの入力をします。

攻める方向が右側であれば、右に押し続けることでラインは上がります。

もちろん左に押し続ければ下がります。

 

自分の場合、化石人間なので移動方法は十字キー操作です。

この場合のラインコントロールは左スティックで行います。

 

ラインコントロールの入力操作は難しいか?

慣れるとある程度はできます。

が、プレスとラインコントロールの両立は完全な思い通りとはなかなかいきません。

 

相手がバックパスをした時や後ろを向いた時のラインコントロールは問題なくやれます。

ただし、味方のプレスが効いている時にラインを上げるという動作だけはどうしても難しいですね。

 

こちらは右手の□ボタンでファーストプレッシャーのDFをホルダーに当てつつ、十字キーでカバー役のDFの位置を調整しています。

つまりは両手がふさがっている状態です。

この場面でさらに左スティックを右に倒すというのは相当に難しいでしょう。

 

逆に言えば、どうにかその局面でのライン押し上げを実現することができれば、ウイイレ2019におけるゾーンディフェンスのラインコントロールは100%再現できるということです。

 

もう少し練習と検証が必要ですね。

 

DFラインを下げる場合は移動も使う

相手にプレッシャーがかかっていない状態で前を向かれた場合、スルーパスを警戒します。

その際にDFラインを下げるわけですが、ウイイレの場合は左スティック入力でラインを動かすだけでなく、DFにカーソルを合わせて相手FWを追いかけるように自分で走らせるのが良いです。

 

やりすぎるとゾーンディフェンスがマンツーマンディフェンスに変わってしまいゾーンが崩壊しまうのでそこは注意。

 

相手ゴールキック時は事前にDFラインを上げておく

ゴールキックが始まってからラインを上げるのはラインコントロールの基本に反します。

なので相手がゴールキックを蹴る前、GKが助走を取っている段階でラインを上げきってしまうといいです。

 

まとめ【最初の一歩はバックパス時のライン押し上げから】

まとめます。

  • DFラインは上げれる時は上げる姿勢で
  • 縦パスを予測したらDFラインは絶対に上げない
  • プレスが効いた時のライン上げ操作が難しい

チャレンジ&カバーが成立して相手ホルダーにプレスがかかっている時。

ここでDFラインを上げる入力ができればウイイレ2019におけるゾーンディフェンスのラインコントロールはリアルに限りなく近い再現が可能になります。

この辺がどうにかならないものか、当分練習です。

この記事を書いた人
貴族

RPG、SLG、ウイイレを愛しています。
6歳の誕生日プレゼントだったファミコンに始まり、35歳の今に至るまで多種多様なハード&ソフトに触れてきました。
現在はWebライターとしてガジェットやゲーム、アプリなんかの記事を書きつつ、こうして趣味でも文章を書いています。

貴族をフォローしてブログ更新通知を受け取る
ウイイレ2019ディフェンス論
シェア大歓迎。ブログ更新の励みになります。
ゲーム貴族.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました