【ウイイレ2019攻略】相手選手をマークするコツ【距離の保ち方】

ウイイレ2019ディフェンス論

相手のドリブラーやポストプレイヤーをマークする際のコツを紹介します。

特に相手CFをPA付近で捉えた時のCBは必ず徹底したい動きです。

短い内容ですが、PA内で相手CFに振り切られるという人には結構参考になると思いますよ。

 

マークは相手に手が届くぐらいの距離がベスト

CBの目の前に相手CFの背中が見えているような場合、

そしてそれが自陣PAの直前や中だった場合、

相手CFに手を伸ばせば届く程度の距離にCBを立たせましょう。

 

リアルサッカーの定石:タッチングディスタンス

手を伸ばせば相手を触れる程度の距離、リアルサッカーではこの距離をタッチングディスタンスと呼びます。

特に相手が背を向いている場面ではこの距離を保ってマーキングをするよう指導されることが多いですね。

 

実際、タッチングディスタンスを気にしながらマークすることで相手CFの動きをいい感じに封じることができます。

 

マークの鉄則「離れ過ぎず近づき過ぎず」

相手をマークする際、近づきすぎるとフェイントでかわされます。

離れすぎると今度はパスやシュートを出されます。

どちらもアウト。

そのどちらでもないちょうどいい距離感を保つコツが「タッチングディスタンス」です。

 

まとめ【タッチングディスタンスを習得しよう】

ウイイレ2019は現在快速3トップによるポストプレーやダイレクトプレーが猛威をふるっています。

それに対してマンツーマンディフェンスで走りあいを挑むとロクなことになりません。

相手選手との距離を適切に保ちながら周囲のディフェンダーと連携することで、クソみたいな運動会3トップのチートサッカーに対抗していきましょう。

 

この記事を書いた人
貴族

RPG、SLG、ウイイレを愛しています。
6歳の誕生日プレゼントだったファミコンに始まり、35歳の今に至るまで多種多様なハード&ソフトに触れてきました。
現在はWebライターとしてガジェットやゲーム、アプリなんかの記事を書きつつ、こうして趣味でも文章を書いています。

貴族をフォローしてブログ更新通知を受け取る
ウイイレ2019ディフェンス論
シェア大歓迎。ブログ更新の励みになります。
ゲーム貴族.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました