【ウイイレ2019攻略】ヘディングの勝ち方やコツについて考察

ウイイレ2019感想・気づき

この文章ではウイイレ2019のヘディングについて、気づきや考えを書き並べています。

 

自分は重度の4-4-2ファンでして、しかも古いイングランド流のロングボール攻撃が大好物なんですよ。

なのでヘディングは戦術の核でありそれに勝つことは超重要。

 

でも難しいですよねウイイレのヘディング。

自分も日々色々試しつつ理想を見出そうともがいています。

 

皆さんそれぞれヘディング論を持っていると思いますので、それをブラッシュアップするための材料というか刺激の一つとしてこの文章を使ってもらえれば。

 

ウイイレ2019におけるヘディングの操作感

まずはウイイレ2019のヘディングがどのような操作感になっているか、どのような形で空中戦の勝ち負けが決まっていくかを整理します。

ポジションの取り合いが重要

ウイイレ2019では攻撃側守備側共にポジション取りが重要になっています。

バスケのリバウンドでも取るような感覚で、ボールの落下地点でジャンプ前の競り合いをする感じですね。

 

競り合いが依存するステータスはおそらくフィジカルコンタクト辺りでしょうか。

いわゆる「デカい選手」はポジション取りでグリグリ相手を押せる感じです。

一方で押し負ける選手は押し負け前提で色々工夫することになります。

 

そんな感じでジャンプ前の激しいポジション取りの駆け引きをするのがウイイレ2019のヘディング事情です。

 

ダッシュジャンプからのヘディングが強い

試合をしていると色々な局面でヘディングが発生するのですが、特に勝率が高い形が「ダッシュジャンプからのヘディング」です。

 

相手のゴールキックなんかに味方のDFを迎撃させると、位置関係によってはダッシュジャンプヘディングが起きます。

すると相手がゴリラであってもヘディングで競り勝てちゃうんですよ。

 

ダッシュヘディングが強いというのは今作の目立った特徴ですね。

 

 

選手タイプ別ヘディング攻略法【攻撃編】

2019のヘディング事情をおさえたところで、いよいよ「どうやったらヘディング勝てるの?」というメインテーマについて考えてみましょう。

これ、自分も全然答えが出ていないんで、提案というか考察のような文章になります。

まずは攻撃時のヘディングから。

デカくて強いポストプレイヤーは背中で押せ

大型ポストプレイヤーがヘディングで勝つためには、「ボールの落下地点で」「相手とボールの間に自分がいる」という状態を作ることが定石です。

そのために、R2ボタンを押しながら移動しDF選手を背中で相手ゴール側に押し出すような動きをすると良いでしょう。

 

うちのチームの主力はアンディ・キャロルなんですが、彼にロングボールをぶち込む時には、キャロルの尻で相手DFをグリグリと相手ゴール側に押していきます。彼は正真正銘のゴリラなので、大体押せちゃいますね。

で、ベストポジションが取れたら悠々とヘディングに完勝です。

 

相手を押せない場合は低弾道やフライスルーで

ケツで押そうにもまるで相手DFが動いてくれない。そんな場合は…

 

どうしましょうね(笑)

とりあえず受け手側ができる対策みたいなのはちょっと思いつきません。

 

むしろ出し手側の工夫ですね。

低弾道パントキックを使ってあげたりフライスルーパスを使うなど、競り合いを起こさずに終われるようなパスを出してあげたらいいのかなと思います。

 

うちのチームはでかいのばっかり前線に並べるんで、基本的にこの辺の経験は疎いです。

 

 

選手タイプ別ヘディング必勝法【ディフェンス編】

ディフェンスの場合、攻撃時よりもヘディングは楽です。

もともとヘディングはディフェンス側の方が有利。

相手のロングボールをガンガン跳ね返してやりましょう。

ちなみに「でかい強い遅い」の跳ね返し要員のことをブラジルでは「ザケーロ」と呼ぶのだそうです。意味はそのまま跳ね返す人。どうでもいいですね。

攻撃側の選手を押せるのならヘディングクリアは楽勝

相手がモヤシで普通にポジション取りでこちらが押せている場合は何の問題もありません。

そのまま押してポジションを決め、余裕でヘディングに勝ちましょう。

 

注意が一つ。

相手がうまいモヤシの場合、わざと競り合いから外れてこちらの押しをオットット状態にしてきます。すると競り合いは起きずに誰もジャンプすらせず、相手がルーズボールを拾う最悪の展開になります。
そういう可能性もあるとだけ頭に入れておくといいです。

 

押し負けている場合は下がってダッシュジャンプ

取れる方法は2つ。

押し合いをやめて相手よりも前に回り込むか、遠くから勢いをつけてダッシュジャンプするかです。

オススメしたいのはダッシュジャンプ。今回はこれが異様に強いので。

 

方法ですが、まず相手との押し合いを放棄してわざと自陣寄りにDFを下がらせます。

もちろんこれは助走。ボールが来るタイミングでダッシュボタンを入力し、盛大にダッシュジャンプしましょう。

これならタイミングさえ合えば相手がゴリラでもそれなりに勝てます。

やはりヘディングはDF側が有利なのです。

 

余談ですが、リアルサッカーでも小さいGKっていますよね。

彼らの飛び出しからのパンチングはめちゃくちゃカッコいいんですよ。

ダッシュジャンプはサッカーのディフェンスにおける必殺技のようなものかもしれませんね。

とにかく人を魅了するプレーです。

 

 

ウイイレ2019のヘディングはポジション取りとダッシュジャンプ

まとめます。

  • 2019はジャンプ前のポジション争いがリアル
  • 自分と相手の押し合い力を見極めて手段を変える
  • ダッシュジャンプが強い

サッカーの基本は相手とボールの間に自分の体を入れること。

ヘディングの場合、そうやって体を入れやすいのが攻撃側。そしてそれをダッシュジャンプでぶち壊せるのが守備側です。

 

攻撃側なのか守備側なのか、相手に押し勝てているのか押し負けているのか。

ヘディング勝負はこのように相手との比較、相対的なものですので、10分の試合時間の中でその辺をうまく見極めながら対策方法を選んでいけばいいのかなと思います。

 

ヘディング、奥が深いですよね。

自分は中学生の頃、ウイイレのヘディングの場面ではとりあえずシュートボタン連打してました(笑)

 

【ウイイレ2019攻略】難しいと感じた時は基本・コツを押さえ直そう
主に対人戦において勝つのが難しいなぁなんて悩む方へ向けたコツを色々紹介。筆者のレートは600~700辺り。
この記事を書いた人
貴族

RPG、SLG、ウイイレを愛しています。
6歳の誕生日プレゼントだったファミコンに始まり、35歳の今に至るまで多種多様なハード&ソフトに触れてきました。
現在はWebライターとしてガジェットやゲーム、アプリなんかの記事を書きつつ、こうして趣味でも文章を書いています。

貴族をフォローしてブログ更新通知を受け取る
ウイイレ2019感想・気づき
シェア大歓迎。ブログ更新の励みになります。
ゲーム貴族.com

コメント

  1. こんばんは。
    以前、コメントさせていただいた4‐4‐2好きです。
    ヘディング考察ありがとうございます。
    参考になりました!
    ご助言いただいてからいろいろ試してみて、だいぶ競り勝てるようになってきました。
    感覚的には能力値よりも身長が重要な気がします。トップを身長が2cm高いがボディコンが10くらい低い選手に変えたところキープ率が2割くらい上がりました。
    これまで起用していたのが186cmだったので、低すぎただけなのかもしれませんが…。
    パスの種類、強弱も気にしながらさらに精度を上げていこうと思います。
    出し手のキック力なども頭に入れておかないとならないので、かなり深いですね、これ。
    これからも記事楽しみにしています!

    • コメントありがとうございます。気づきや刺激になります。
      身長は重要ですね。自分もできればキャロルの他に2mクラスが欲しいのですが、なかなか手に入りません。
      往年のヤンコラー的な選手が欲しい…
      へスキーみたいに筋肉でポジション取り完勝するタイプも好きですが。
      最近ウイイレができていなかったのですが、時間があれば色々とヘディング周りを検証してみたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました