ロマサガ3リマスター版の開発状況を追いかけ中!詳細はこちら

【ウイイレ2019】先制点を取られ負けている時に逆転勝ちする方法

スポンサーリンク
キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~

キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~

KLab Inc.無料posted withアプリーチ

  • 先制点を奪われてしまい、1点を追いかける状況になってしまった。
  • 相手は無理に攻めなくてもいいので自陣でゆったりとポゼッションしている。
  • それどころか全く攻めないで逃げ切る気満々だぞこいつ!?

というわけで、先制点を奪われた時の対処法2019バージョンを解説します。

自陣でゆったりとポゼッションする相手に仕掛ける捨て身の鳥かご崩しです。

語るのはウイイレ歴20年のおっさん。腕前は並。4-4-2フラットの熱狂的な信奉者です。

 

先制点を取られたら攻守レベルを上げる

ビハインド状態からの逆転劇は攻守レベルを上げることで可能です。

十字キー上(左スティック上)を2回入力

スティック操作をしている人は十字キーを上に2回、

十字キー操作をしている人は左スティックを上に2回、素早く入力して下さい。

それによって攻守レベルが一段階上がります。

何度も繰り返し入力すれば、攻守レベルは当然最大に。

上がっている様子は選手名の横にあるゲージで確認できます。

 

システムに関わらず自チーム選手が相手陣地になだれ込む

攻守レベルの調整によって攻撃意識を上げると、

    • 選手の位置が全体的に敵陣寄りになる
    • ボールが自陣にあってもカウンター待機する選手が増える
    • フォアチェック、アグレッシブ寄りの動きになる

といった効果が表れます。

一つずつ解説します。

 

選手の位置が全体的に敵陣よりになるので、相手のパスコースを消すことができます。

通常であれば、2トップの場合相手のDFラインのパス回しのチェックに行くのはFW2人程度ですが、攻守レベルを上げることで、FWに加えSH達もチェックに参加。相手が4バックであれば4対4+GKの局面ができあがりパス回しが困難になります。

 

カウンター要員も増えます。攻められている時に、守備に参加せず前線に残ってボールを待つ選手が増えます。

相手のCKの時のFWやSHの様子を見るとよくわかります。

 

敵の縦パスをカットしようとする動きも強くなります。

自チーム選手の配置が前がかりになっていることも影響し、相手がくさびのパスを入れようとした瞬間にDFがそれをカットするようなリスクをかけたプレーをしようとします。

これは守備戦術でリトリートを選んでいようがセーフティーを選んでいようがこのような動きになります。

 

カウンター狙いで一刻も早く同点にしよう

攻守レベルを上げることで、全体的に相手のボールを奪おうとするショートカウンターの雰囲気が高まります。

チームの動きは明らかに変わり、相手もよほど注意深いプレイヤーでない限りは突然の変化の対応に追われます。

攻守レベルを上げた状態で一刻も早く得点し試合をイーブン(同点)に戻して下さい。

 

負けている側は攻め込むのがサッカーの定石

勝っているチームは相手を精神的に追い詰めるようなパス回しをします。

バルセロナのサッカーが極端な例ですね。

 

先制点を取った側は何もしなければそのまま勝てる

サッカーは時間制。

極端な話、点を取っているチームが何もせずにそのまま時間が経てば勝てます。

攻めたらボール取られるかもしれないわけですから、攻めずにボールもって自陣にいればいいわけです。

 

何もしたくないからパスを回す

負けているチームは勝っているチームにそれをさせないためにボールを取りに行きます。そうなると勝ち側もボールを渡すわけにはいきませんので、自陣でボール回しを始めます。そうやって時間は刻々と過ぎていきます。

 

チームは先制点を取られた時用のボール狩り戦術を必ず準備している

このように、普通にボールを取りに行ったのでは相手にボール回しをされて逃げられるのがオチです。

そのため、サッカーチームは失点した時用の特別なボール狩り戦術を必ず準備しています。

セオリーとしてはチーム全体で相手選手に1人ずつ張り付き、パス回しをできなくさせる。

GKが苦し紛れのクリアをしたところで、そのハイボールに競り勝ち自分のボールにする。

このような感じで、事前の決め事に従って相手のポゼッション(パス回し)崩しを行うわけです。

 

ウイイレも同様。真剣勝負になればなるほどリード側は逃げ回ります。

過去作ではパス回しをされるとお手上げというシリーズもありましたが、最近のウイイレは選手の動きが良くなったのでポゼッション崩し、鳥かご崩しは十分に可能です。

 

攻守レベルの重要性

攻守レベルを調整するクセをつけて試合にアクセントをつけましょう。

2019の攻守レベルは有能

このページは逆転劇に関する解説をしました。

ウイイレ2019の攻守レベルはとても優秀で、逆転劇に限らず様々な場面でチームの動きに特徴をつけることができます。

コンセプトアレンジ、可変フォーメーション、ライン調整、

ウイイレの試合中では色々なシステムいじりの指示が出せますが、何か一つ極めるとしたら自分は攻守レベルだと思います。

実際、真剣勝負になると色々なシステム要素をあれこれ意識し続けるのは難しいもの。

それであれば、いじるのは攻守レベル一つに絞り、戦況に応じて細かく調整していくのがいいのではないかと思います。

 

攻撃のアクセントを攻守レベルで決められる

いつ攻めるか。いつ守るか。

  • 試合開始直後に攻守レベルを攻撃全開にして先制点を奪いに行く
  • 後半残り10分を全員が帰陣して徹底的に守る

まるでピッチ横の監督が大声で選手達に指示するような感覚ですね。

試合中に攻守レベルを調整することで、このようなチームの攻めどき守りどきを簡単に表現することができます。

 

まとめ

  • 先制点を取られたらボールを積極的に奪いに行く
  • 攻守レベルを上げることでボール奪取がしやすくなる
  • 攻守レベルを上げてのボール狩り&攻撃には失点のリスクも伴う

攻守レベル、使っていましたか?

まだ使っていなかったという人はぜひ一度試合中にいじってみてください。

目に見えてチームの姿勢が変わる攻守レベル調整は、試合前の準備と同じぐらい重要なものだと自分は考えています。

ウイイレもだいぶリアルサッカーに近づいてきましたね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~

キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~

KLab Inc.無料posted withアプリーチ

ウイイレ2019
シェア大歓迎。ブログ更新の励みになります。
スポンサーリンク
ゲーム貴族.com

コメント