ロマサガ3リマスター版の開発状況を追いかけ中!詳細はこちら

【ウイイレ2019】ゴールキックからの攻撃を成功させる3つの工夫

スポンサーリンク
キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~

キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~

KLab Inc.無料posted withアプリーチ

4-4-2フラットで戦い抜くのであれば、やはりGKからのボールはスローイングではなくキックを使いたいもの。

この記事ではGKから2トップのゴリラ達にゴールキックやパントキックを当てるより良い方法を探ります。

紹介する内容はレート500〜600辺りをウロチョロする筆者の体感ベースですので、その程度の情報だという認識で眺めてください。

 

FWへのゴールキックとワイドポジショニングは相性が悪い

ゴールキックで2トップへロングボールを飛ばす場合、ワイドポジショニングは使わない方が良いです。

というのも、ワイドポジショニングが有効になっていると、前線のFWやSH達の距離感が遠くなってしまうんですね。

FWの1人にゴールキックを撃ち込んだとしても、そこからヘディングで落とす相手がいないんですよ。もう1人のFWは遠くにいますし、SHもライン際に張ってしまっています。ヘディングパスをしても、途中でパスカットされる確率が高いです。

2トップめがけたゴールキックを行う際は、ワイドポジショニングをOFFにして前線の選手達の距離感を縮めておきましょう。

 

4-4-2フラットでのMFはDHではなくCH設定に

ゴールキックなどロングボールをFWに当てる戦略で4-4-2を楽しむ場合、中央のMF2人はCHに設定した方が良いです。

DHにしてしまうとFWとの距離感が悪く、ロングボールを受けたFWからの落としが繋がりにくくなるのです。

ロングボールをFWに撃ち込みそれを中央のMFに落としすぐにSHへ展開。これは4-4-2ロングボール戦術の基本中の基本パターンです。なのでFWとMFの距離感が悪いというのは致命的なんですね。

4-4-2でロングボールを多用する場合は中央のMFをCH2枚にしておきましょう。

 

監督の傾向は何を選べば良い?

ゴールキックやパントキックを2トップに撃ち込む攻撃がしたい場合、監督に求める傾向は2つ。「サポート距離」と「コンパクトネス」です。

サポート距離

サポート距離は選手間の距離が短い監督を選びましょう。ヘディングの落としを受けやすくするためです。

FWとCHが近ければFWの落としをCHがサイド展開できますし、FW同士の距離感が近いと必殺のヘディングスルーパスも成功しやすいですので。

リアルサッカー見るとわかるんですが、GKがロングボール蹴る時って敵味方が物凄く密集するんですよ。あのイメージです。

 

コンパクトネス

これは3ライン間の距離を表すもの。ライン自体の幅も関係しますね。このコンパクトネスですが、できるだけコンパクト志向な監督を選びましょう。

コンパクトネスが高いと、カウンターで一気にFWにロングボールを入れた際に、CHがかなり良い距離まで攻め上がることができるんです。守備時に3ラインが圧縮されていて距離感が最初から短かったからです。

そもそも4-4-2フラット自体が極めてコンパクト向けなシステムですので、ここはこだわりたいところです。

 

ゴールキックを前線に撃ち込むなら距離感はぎゅうぎゅう詰めで!

  • ワイドポジショニングは使わない
  • 中央のMFはCHにする(DHは×)
  • 監督選びは距離感をコンパクトにするイメージで

今回紹介した考え方は、結局のところ全てFWに当てたロングボールからの落としをスムーズにつなげるためのものです。

GKからのキックも貴重な攻撃回数の1つですから、何故スローイングなのか、何故キックなのか、その目的から考えていくと良いでしょう。

自分の場合はオールドイングランド風4-4-2キック&ラッシュを再現したくてウイイレを楽しんでいるのでGKはキックが多いというわけです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~

キャプテン翼 ~たたかえドリームチーム~

KLab Inc.無料posted withアプリーチ

ウイイレ2019
シェア大歓迎。ブログ更新の励みになります。
スポンサーリンク
ゲーム貴族.com

コメント