【ウイイレ2019】クロスの精度を上げる方法、考え方

【ウイイレ2019】クロスの精度を上げる方法、考え方ウイイレ2019オフェンス論

4-4-2サイドアタックの生命線、サイドからのクロス。

一見運ゲーのように思える○ボタンクロスについて、ゴールにつなげる方法、考え方を解説します。

根拠はリアルサッカーのセオリー。ウイイレに通用するかどうかは自分も日々検証中。読んだ方も是非検証を〜。

スポンサーリンク

クロスの精度は蹴る位置で決まる

高い精度のクロス、つまりゴールにつながるクロスを蹴るためには、蹴る位置にこだわっていくことが効果的です。

原則、ゴールに近ければ近いほど精度は上がるものと考えます。

 

理想はペナルティエリア内からのクロス

ペナルティエリア内に侵入したところからクロスを上げるのが理想です。

タッチライン際よりも少し内側、まっすぐ走るとPAにぶつかるようなルート(ハーフスペースと言います)をドリブル突破していくことができれば、得点力の高いクロスを打ち込めるでしょう。

ペナルティエリア内の端っこ。

これがサイドアタッカーが侵入すべきゴール地点です。

状況に応じて、グラウンダークロス弾道の低いクロスフライスルーパスボタンによるクロスなどを狙い澄まして蹴ってください。

 

ペナルティエリア外、深い位置からのクロス

ペナルティエリアに入れずとも、ゴールラインぎりぎりまで縦に走りきってからのクロスはPA内クロスに準じる精度が生まれます。

PA内クロスと比べ、飛距離が必要となってしまうのが難点。

そのため、ファーサイドを狙って高い弾道のクロスを蹴り、ヘディングパスも考えたフィニッシュを狙うと良いです。

 

深い位置からPA内へ切り込んでのクロス

深い位置から横にドリブル突破を仕掛け、無理やりPA内へ侵入してのクロスは非常に高精度です。

マークについている状態のDFを完璧に抜き去る必要があるため多少リスクのあるプレーになりますが、能力の高いSHを使っている場合は挑戦する価値ありです。

いつの時代もテクニシャン達の必殺技とされているプレーですね。かつてはイタリアのファンタジスタ達が、ここ5年ぐらいはイニエスタやネイマール辺りがバッキバキに横方向突破で魅せまくってます。

 

アーリークロスはいつ使う?

アーリークロスはどうしても精度が低くなります。

使える局面が次の2つかと。

  1. ファーサイドかつゴール方向へ高い弾道のクロス
  2. カウンターの局面で逆サイドにフリーの味方が見えているとき

1について。これはポゼッション時のプレーです。

右方向へ攻めていて画面下からクロスを入れる場合であれば、SBの位置からキーを右上方向へ入力しつつR2高弾道クロスを撃ちます。

クロスを受ける側も右上へ移動入力しておき、落下地点へ素早く到着しヘディングパスで折り返します。

ちょっと昔のモナコがロテン→モリエンテスでこれやってバカみたいに点取ってました。基本的にモリエンテスのようなヘディング無双がいて成り立つプレーです。

 

2について。カウンターの局面で早いタイミングでクロスを蹴ってみると、思いのほかステキなパスになることがあります。

ベッカムの気分になってバコッと蹴ってみれば、最高に気持ちの良い独走ゴールを作れるかもしれません。ロマンプレーとしてどうぞ。

 

スポンサーリンク

クロスの精度が低いとカウンターの餌食に

クロスは的当に撃ち込んでしまうと逆にこちらのピンチを招きます。

精度の低いクロスを跳ね返されて相手ボールになってしまうと、待機してたクソ3トップにボールが渡って地獄のカウンターを食らうことになります。

 

4-4-2は基本的にカウンターに弱いシステムですので、できればシュートで終わっておきたいんですよね。

被カウンター時の4-4-2は実質2バック。相手は憎っくき3トップ。数的不利です。やられます。悔しいやつです。

なので、クロスはできるだけPA内にこだわって撃つべきですね。

 

仮にサイドの深いところでドリブルに失敗しても、そこからであれば酷いカウンターを食らうことは少ないですから。

クロスの失敗の怖いところは、中央でボールを失うことにあるんです。中央でのボールロストは、即カウンター即失点。

 

スポンサーリンク

クロスの精度はペナルティエリアへの侵入がコツ

サイドアタッカーはできる限りペナルティエリアに侵入しましょう。

ハーフスペースを走りこんで最初から侵入しても良いですし、一度大外から深いところへ到達した後に横方向へ切り込んでも良いです。

仕方なく飛距離の長いクロスを蹴るのであれば、高弾道をファーサイドに送るイメージで。

ゴールにつながるクロスをあげまくって、4-4-2生活を楽しみましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました