ロマサガ3リマスター版の開発状況を追いかけ中!詳細はこちら

【ウイイレ2019】4-4-2リトリート守備に関する気づきまとめ

ウイイレ2019で4-4-2の守備を行ううえで自分が気をつけていることをまとめました。

実戦からの気づき、リアルサッカーからウイイレに応用できそうなものなど。

4-4-2なので基本的にリトリートの話だと思ってください。

 

4-4-2の守備戦術、ゲームプラン

基本はリトリートだと思う

4-4-2を採用する場合、守備の志向はリトリートが良いです。

選手の距離感をバランス良く配置できるのが4-4-2の魅力。しかしフォアチェックをしてしまうとそのバランスが崩れてしまいます。

 

フォアチェック気味に試合を進めたい場合は守備志向はリトリートにし、DFラインをハイラインに、プレス傾向をアグレッシブにすると良いです。

プレス傾向をアグレッシブにする場合、1stプレッシャーが行った後のフォローは忘れずに。守備網にプレスが薄い場所を作ってはいけません。

 

4-4-2の守備はリトリート。
あとはDFラインを低くするか高くするかで試合展開を調整すると良いでしょう。

 

中央かサイドか

どちらでも良いと思います。

自分で決めたボール奪取場所に向けてワンサイドカットしていきましょう。

例えば中央を狩場にするのなら、相手サイドアタッカーに対し縦を切り、横パスを出させる感じです。

 

アグレッシブかセーフティーか

これもどちらでも構いません。

ただし、アグレッシブを選んだ場合は選手の距離感が乱れやすいので、チャレンジした選手が放棄したポジションを埋める動きが必要です。

カーソルチェンジとCOMプレスを活用して穴を塞ぎましょう。

 

ライン位置、コンパクトネスについて

ライン位置は積極的にボール奪取するのならハイライン、ゴール前でがっちりリトリートするなら低めに設定します。

繰り返しになりますが、4-4-2は守備志向をリトリートにしておき、ラインの上げ下げでフォアチェック気味に行くかきっちり引くかを決めると良いです。

コンパクトネスはできるだけ収縮させます。
4-4-2の守備組織は3ライン間の圧縮によるスペース消しが魅力。
古代ローマのファランクスのように、ネズミ一匹通さない守備組織を10人の塊として作りましょう。

 

リアルサッカーの話をすると、
サッカーの守備は基本的には選手を密集させるのが定石。
例外として、マンマーク気味にがっつりフォアチェックをさせたい時にコンパクトを放棄する感じです。

4-4-2はリトリート向きのシステムですので、コンパクトネスは高めにするのが良いんですね。

 

コンセプトアレンジについて

スルーパス警戒はやめたほうがいいです。
試してみたところ、DFラインとMFラインの間にスペースができて穴になります。
これでは4-4-2必殺の3ライン圧縮が何の意味ももちません。

クロス警戒はあり。
ただし相手SHをチェックに行ったSBと他選手の距離感が崩れやすくなるのでそこの配慮は必要です。

ゲーゲンプレスは不要。距離感ガタガタになります。
やるならビハインド時の奇襲として4-4-2以外のサブ戦術とセットでやる感じですね。

カウンターターゲットはキック&ラッシュを夢見るサッカーをする場合に電柱CFに設定するとちょっと面白いかも。

ディフェンシブを2トップのSTに設定すると、アトレティコのグリーズマン的な動きしてなかなか面白いです。強固な守備を求める方へ。

 

4-4-2の守備を実際に行う際の注意点

チャレンジ&カバー

誰かがプレスに行ったら、その選手が居た場所を他の選手たちで埋める。

サッカーの基本です。

このページで説明している話は全てこの原則にのっとったものです。

 

自陣サイド深い位置でのチャレンジ&カバー

これは上で説明したチャレンジ&カバーの具体例。

相手SHやSBが単騎で自陣深く(サイド脇)でボールを持った局面でこちらはどう操作を入力すべきか。

自分であれば、SBをCOMプレスで動かしながら、隣のCBをSBとゴールの間に立たせ、チャレンジSB &カバーCBの状態を作ります。

相手が達人であればSBのCOMプレスなんぞ簡単にいなしてしまうでしょう。それでも自分がSBを操作してCBとの間に大穴を開けてしまうよりはマシです。

上手なプレイヤーはそうやって開いた一瞬のスペースを徹底的に活用してきますから。

とにかくカバーリングを徹底して守備組織の距離感を一定に保つことが重要です。

 

3トップ相手時の正面バイタルでの立ち回り

これはサッカー論というよりウイイレ2019論。

今回3トップがアホみたいに強い理由の一つに、ダイレクトパスの強さがあります。

3トップの中央に楔のパスが入った場合、そこでそのCFを潰すことはまず不可能。確実に両ウイングにパスが通ると考えたほうが良いです。

何をしても無駄です。両ウイングまでは確実にパスは通ります。

CFを潰そうとすると裏目に出てしまうので、たとえボール奪取エリアを中央に設定していた場合であってもCFのポストプレーは好きにやらせましょう。

下手に強いプレスをかけると相手の思うツボです。

ウイイレ2019は3トップのためのゲームですね。ゲームを起動させる度にバルセロナのユニフォームが画面に映ると石でも投げつけたくなります。

 

【最重要】選手同士の距離感

繰り返しますが、守備時に最も重視すべきは選手間の距離です。

4-4-2の場合その距離感を狭めに保つのが定石。

10人で作り上げた塊を生き物のように動かし、相手を圧殺するイメージでじわじわとプレスをかけていきましょう。

奪うプレスではなく、相手のプレー精度を下げプレー判断を限定させるようなプレスです。

 

ビハインド時の4-4-2守備戦術

リトリートでもボール奪取に行く必要がある

特にマイクラブの場合、先制点を取られると相手は引きこもります。

サッカーという競技がそういうルールですのでこれは仕方ありません。

なので、自陣で守るリトリートを採用している場合でも、先制点を取られた場合は積極的にボールを取りに行く必要があります。

かと言って単独でプレスをかけにいってもただ距離感が崩壊するだけ。

10人で作り上げる強固な盾がまるでバニーガールの網タイツか何かのようにスカスカになるだけです。

それこそウンコ3トップ達の思うツボ。大量失点への最短コースです。

 

攻撃レベルを上げる

方針は「10人の塊ごと前に動かす」。

そのために行うのが攻撃レベルを高い設定にすることです。

詳しくはこちらの記事でどうぞ。

【ウイイレ2019】先制点を取られ負けている時に逆転勝ちする方法
先制点を取った後に自陣でパス回しをする相手。そんな場面で使ってほしい機能を一つだけ紹介します。

 

サブ戦術の活用

リトリート向きの4-4-2ではなく、いっそ他のシステムに変形させてしまうのも手。

フォアチェック型の監督をサブ戦術に設定しておき、3-5-2や4-2-3-1、3-6-1といった前がかりな守備をしても良いでしょう。

一応言うと、これやるんだったら最高の選択肢は3トップです。3-4-3なんかはアホみたいにフォアチェックが決まります。

自分は宗教上の理由でそれやりたくないんで他の手段使いますが。一応書きました。3トップに抵抗がない人はどうぞ。

 

おわりに

結局のところ、サッカーの守備は

  • 選手間の距離を一定に保った塊を作ること
  • その塊を前目に置くのか後ろ目に置くのかをラインで設定

これにつきます。

まずは距離感を意識するところから始めてみるといいですよ。

 

コメント