ロマサガ3リマスターの開発が遅い理由を考えてみた

この記事を書いた人
貴族

RPG、SLG、ウイイレを愛しています。
6歳の誕生日プレゼントだったファミコンに始まり、35歳の今に至るまで多種多様なハード&ソフトに触れてきました。
現在はWebライターとしてガジェットやゲーム、アプリなんかの記事を書きつつ、こうして趣味でも文章を書いています。

貴族をフォローして生態を観察する

ロマサガ3のリマスター版の発売が決定してから、日本全国1億8000万人の同志たちがその動向を追ってきました。

しかしこのツイート以降、ロマサガ3に関する情報は一切発表されていません。


遅れの理由は何なのか?

情報も何も無いので完全な妄想にはなりますが、自分の考えを書いてみようと思います。

このページは個人の妄想全開の極めて信ぴょう性が低い記事です。

「最新情報を見に来ました!」みたいな人はこちらで正確な情報をどうぞ。

ロマサガ3リマスター版は制作続行中。最新情報を常時観測してます
最終更新12月13日。ロマサガ3リマスター版に関する情報を古いものから順に並べています。最新情報の確認に使ってください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ロマサガ3開発遅れの理由は人員不足ではないか?

今回自分が妄想したのはスクエニの人材不足。
以前から見え隠れしていた河津神率いる開発2部の人員&資金不足について、好意的に考察します。

サガスカーレットグレイスの出来に見るリソース不足

サガスカーレットグレイス、やってみましたか?

自分は一通りプレイしたのですが、感想を言うならば「サガ愛で乗り切った」。

正直、有名シリーズの最新作としてコンシューマ機でプレイするには値しない完成度でした。

新規IPとして実験的に発売するのならばいいのですが、多くのファンを抱える主力ブランドとして出す作品ではなかったということです。

 

戦闘システムや世界観など、ゲームの根幹をなす部分はすごく良い感触だったんです。ですが、成長システムやグラフィックなど、作りこまれるべき部分があまりにもお粗末だった。

その原因は「限られたリソースの中では精一杯頑張ってもあれが限界だった」のではないかと自分はにらんでいます。

これは随分前の河津神のツイート。
サガスカーレットグレイスの発売前で情報が色々と出てくる中、そのゲーム内容がチープすぎないかと不安に駆られたファン達が次々とコメントをつけて軽く炎上した一件です。

河津神は攻撃的なツイートに対してはやわらかくいなす姿勢をとっており、このコメントもネタ半分に返した可能性が高いです。

しかし、自分は「ひょっとするとこのコメントには実際開発費や開発期間がもらえなくて苦労してるリーダーの苦悩が現れているんじゃないか?」と勘繰りたくなります。

あと少し手を加えられたら素晴らしい作品になれるのに、という要素がサガスカーレットグレイスは多く感じられたからです。

なけなしの人員と予算をどうにかつぎ込んで職人魂で形に仕上げたのがサガスカーレットグレイスなのかもしれません。

 

現在進行中のプロジェクトはサガスカ緋色の野望

そんな河津神率いる開発二部ですが、最近はそのサガスカの改良版「サガスカーレットグレイス緋色の野望」の開発が進められています。
8月2日の発売に向けて、もういいところまで来ているようですね。

さきほど、開発2部のリソースが不足していると妄想を書き並べました。
ということは、サガスカの開発が進められている間、他のタイトルに向けるリソースはかなり少なくなっていることが予想されます。当の河津神も人間。一人しかいないわけですから。

本当に信用しないでほしいのですが、自分の予想としてはロマサガ3リマスターはサガスカ緋色の野望のマスターアップが済んだ後にようやく開発が本格的に進められるのではと考えています。

つまり、発売は少なくとも8月以降。現時点での進み具合次第では、冬辺りまでずれ込むのではないかと考えています。

原因が人員不足や資金不足なのであれば、河津神を責めることはできないでしょう。

 

スクエニ自体に人材がいないのでは

とは言っても河津って開発2部のリーダーでしょ?更にはスクエニの重役でしょ?予算ぐらいどうにか引っ張ってこれないの?

河津神の職階を考えればそう思いたくもなりますが、自分はそれも難しいのではと考えます。

 

最近のスクエニゲー、楽しいですか?

自分はイマイチさを感じます。

思うんですよ。今のスクエニには往年の有名IPを生み出してきたような強烈な人材はもういないんじゃないかって。

白髪の生えた河津神が未だに第一線で走り回らなければ成り立たないほどに、人材流出と新規の人材獲得がうまくいっていないんじゃないかって。

開発者の名前を追っていくと、吉田さんのようなスクエニの抱える天才級のクリエイターは現在FF14に注力されていることがわかります。

一番ひどかったころに比べると、スマホゲーの乱発によってスクエニは資金的には多少余裕が出てきたのかもしれません。ですが、人に関してはまだモンスタータイトルを思う存分開発できるほどの人材は確保できていないのだと自分は考えています。

 

まとめ「ロマサガ3は気長に待ちましょう」

全て妄想です。
自分はスクエニファンであり河津信者でありサガ狂なので、これからも気長にロマサガ3のリマスター発売を待ちたいと思います。

河津さん、長生きしてほしいなぁ。

関連記事
ロマサガ3リマスター版は制作続行中。河津神のツイートより

コメント

  1. ロマサガ3はアルテピアッツァさんに外注してますから、開発2部で作ってるサガスカ緋色の野望で働いてる人とは関係ないと思いますよー

    • 情報提供感謝します。
      すると、案外早めに発売されるかもしれませんね。
      こんな妄想垂れ流しの文章をまじめに読んでくださりありがとうございます。

  2. どうでしょうか。
    アルテピアッツァさんがどれ位スーファミのリマスターに対応できるかも問題だとは思います。
    スーファミってアセンブリ言語で書かれていて、現在の高級言語に移植する場合には、昔の技術を読み解かなくてはいけないんですよね。
    アルテピアッツァさんは確か以前PS2のドラクエ5をリメイクしていて、スーファミの言語にも通じているかも知れないですが・・・(ドラクエ5が携帯のソースを元にしていなければスーファミからの実績がある事になるのですが)
    昔の技術を読み解ける技術者がどれだけいるのか。
    いたとしてもどれだけロマサガ3に割けるのかも問題になってくると思います。
    ただ、アルテピアッツァさんも結構過去に実績のある会社さんですから、4年や5年も待たせるという事にはならないとは思います。
    ロマサガ3のフリーシナリオシステムっていうハードルがどれ位高いかにもよるとは思いますが…
    私はアセンブリには本当に触った事があるだけですが、スーファミであんな複雑なシステムを作ったのは個人的には凄いと思います。^^;
    僕もロマサガ3は首を長くして待っているので、発売されるまで色んな人の話を見て待たせて頂いています。ロマサガ3を待っている人がちゃんといるんだって分かるだけでも嬉しいです。
    それに、只の通りすがりの話を真面目に聞いて頂けてありがたいです。^^;

    • SFC時代のプログラミングというと聖剣伝説2の難解さはよく聞く話ですが、そもそもSFC全体が難しいんですね。アセンブリは一度本で見たことがありますが、Cをちょっとかじっただけの自分は「同じプログラミングでもこうも違うのか」とびっくりしました。
      PS2版ドラクエ5は良い出来でした。ドラクエ5のリメイクリマスターの中では一番最初に作られたものですね。おそらくSFC版をベースに作り上げたのでしょう。アルテピアッツァの名前はよく聞きますから、安心して待てそうです。

  3. フリーシナリオシステムはどこで何のフラグがあるかとか、純粋にドット絵を描き直すのに膨大な時間が掛かるとかかも知れませんが・・・
    気長に待つのが吉ですね^^;

タイトルとURLをコピーしました